サプリの上手な飲み方

アルツハイマー型認知症は、認知症の半分以上を占めており、女性に多いと言われています。

また、高齢者だけが発症すると思われがちですが、若年性アルツハイマーと言って若い方もまれに発症します。そのため、将来のことを考え、サプリを活用している方もいらっしゃるでしょう。

国産のサプリから海外のサプリまで種類が豊富にありますが、サプリには上手な飲み方があります。

常温の水で飲む

サプリは、基本的には常温の水で飲むようにしましょう。水は、胃を刺激することによって運動を高め、栄養をいち早く小腸へ移動させてくれます。冷たい水で飲んでしまうと、胃がビックリしてしまい、お腹をこわしてしまうこともあるのです。そのため、胃に優しい常温に近い水で飲むことが大切です。

また、水道水はカルキや有害物質を含んでいることもあるため、浄水器などを通した水を使うようにしましょう。特に、ミネラルウォーターがおすすめです。

継続することが大切

よく通常の2倍の量のサプリを飲んで効果を2倍にしようと考える方もいらっしゃいますが、それはまったくの間違いです。薬とは違いますが、何よりも大切なのは適量を継続することなのです。

また、サプリだけに頼るのではなく、食生活を見直したり、生活習慣を改善する必要もあります。サプリは、足りない栄養を補う食品なのです。そのため、バランスのとれた食事をしたり、運動をしたり、規則正しい睡眠を心掛けたりと、今までの生活を改善し続ける予防がとても大切です。

PAGETOP