加齢による物忘れと認知症の違い

現代では不足している栄養素を簡単に補給することができるサプリを気軽に購入することができるようになりました。そのため、食事で補給することができない栄養素を国産サプリで補給しているから大丈夫と健康に自信を持たれている方はたくさんいらっしゃるでしょう。このように健康に自信があっても、年齢を重ねると共に体に変化が現れることは多々あります。

その中でも高齢化が進行する近年では、認知症による高齢者の事故や、九州大学名誉教授の藤野武彦医師の活躍など、認知症に関する話題が注目を集めています。

物忘れの違いを知っておく必要性

加齢による物忘れは進行する心配はあまりありませんが、認知症による物忘れは徐々に進行し、理解力や判断力だけでなく運動能力が低下する可能性があります。

そのためそれぞれの違いを知り、症状に関する正しい知識を持っていなければ日常生活の中で思わぬ事故やトラブルを招いてしまう危険性があるのです。認知症予防を始める際は、まず始めに加齢による物忘れと認知症による物忘れの違いをしっかりと理解しておくことが大切です。

加齢による物忘れ

加齢による物忘れは、体験したことの一部分だけを忘れてしまう特徴があります。何の栄養素を補給することができるサプリを飲んだか思い出せない場合や最近会っていない人の名前が出てこないというような場合は、加齢による物忘れと考えられます。このように行動や出来事に対して自覚がある場合や答えに繋がるようなヒントがあれば思い出すことができる場合は認知症の可能性が低いとされます。

認知症による物忘れ

認知症による物忘れは、一部分だけでなく体験したこと自体を忘れてしまう特徴があります。そのため食事の後にサプリを飲んだか分からない場合や日頃から会っている人物の名前が思い出せない場合は、認知症による物忘れと考えられるのです。

認知症を招いていると性格や行動にも変化が現れている場合があるので、小さな変化を見逃さないことも予防に繋がります。若年性認知症というものもあるので、物忘れがある方は年齢にこだわらず検査を受けてみることをおすすめします。

PAGETOP